松山市立正岡小学校
〒799-2424
愛媛県松山市八反地甲160番地
TEL 089-993-0043
FAX 089-993-0191




※旧ホームページは、平成31年3月31日(日)まで公開します。

旧ホームページ ⇒ https://old-masaoka-e.esnet.ed.jp/

正岡小学校日記

高齢者宅訪問

 12日(水)の放課後に、毎年行っている校区内に住まわれている一人暮らしの高齢者のお宅を訪問して、児童の手紙と児童が育ててきた花(パンジー)をお配りしました。

 お留守のところもありましたが、多くの方々に直接手渡しすることができました。どの方も花と児童からの手紙を受け取って、喜んでおられました。児童も日頃からお世話になっている地域の方々に、きちんとしたあいさつを行い、今後も正岡小学校へのご支援とご自愛していただくようお願いしました。

 毎年、この活動を楽しみにしておられる方もおられ、自分たちの活動を喜んでくださる様子に、子どもたちは来年度への活動への意欲を感じていました。

おもしろ理科教室⑤ 6年「水溶液の性質」

 7日(金)に、今年度最後で5回目の「おもしろ理科出前教室」が行われました。

 今回の講師は、元校長先生の清田先生でした。温泉友の会の会長をされているということで、温泉について基礎的なことを学んだ後、温泉水について、匂いをかいだり、パックテストでPHを調べたり、蒸発させたりする実験を行いました。

 温泉は水溶液であり、温泉によって溶けているものが違い、それらの成分によって、いろいろな病気に効くということでした。用意していただいた温泉水は5種類あり、道後温泉や奥道後温泉はアルカリ性で、北条のシーパは中性、別府の海地獄温泉は酸性でした。また、海地獄温泉からは、卵の腐ったような匂いである硫化水素(硫黄)の香りがしました。

 最後に、温泉水を蒸発させるとシーパ温泉の水からはたくさんの食塩が残りました。

 普段できない、パックテストの実験や炭酸水の試飲もあり楽しく学習することができました。

3年社会「ジュース工場・選果場」見学

 6日に3年生は、ジュース工場と選果場の見学を行いました。浅海・難波・立岩小学校との4校合同の校外学習で、2台のバスに乗って行きました。

 工場に着くと、諸注意の後見学が始まりました。まず、ミカンがトラックに載せられて到着するところから、ミカンの洗浄→ミカンの果汁を絞り出す工程→ジュースがパックに充填される場所もガラス越しに見学できました。その後、ミカンなどの果汁が冷蔵して保管されている冷蔵庫にも入らせていただきました。零下18℃と極寒の中で子どもたちは倉庫内のドラム缶の数の多さにびっくりしていました。最後に、ジュースがミカンからどのようにして作られるかというビデオを見て見学を終えました。

 続いて、正岡校区にあるミカンの選果場に見学に行きました。農家から持ち運ばれたミカンのコンテナから、センサーを使って糖度や大きさなどを自動的に分別する様子を見学しました。ちょうど、「紅マドンナ」と「あいか」の様子が見学できました。「紅マドンナ」は高級柑橘ということで、センサーだけでなく人々の目でも細かく選別され、等級に分けられていました。

 最後に4校の子どもたちが、本日の感想を述べ合う「風早タイム」を行い、親交を深めていました。

マラソン大会

 5日に立岩川の水辺公園で「校内マラソン大会」を行いました。前日の雨天のための順延でしたが、当日は晴れで暖かい日に恵まれました。多くの保護者や祖父母のみなさんが、応援に来られて、子どもたちに熱い声援を送っておられました。

 毎年、この場所で行われているのですが、今年は大雨に伴う川砂の堆積により、現在しゅんせつ工事が行われており、例年とは違う短いコースを周回数を増やして実施しました。

 大会は、低学年→中学年→高学年の順に行われました。今まで、業間マラソンや何度かの試走などの練習を重ねてきたため、児童たちはその成果を発揮するべく一生懸命に走っていました。

 最後に、各学年の1位、人数に応じて2位までの児童が紹介されました。どの子も、自分として自分は頑張ったという自覚できる達成感をかみしめていたようでした。

研究授業 2年算数「三角形と四角形」

 4日に2年生の算数科の研究授業を行いました。

 導入に巻物が出てきたり、忍者として三角形と四角形の秘密を見つけて分類する、などの子どもの興味を高めて意欲的に学習に取り組ませていました。直線で囲まれた図形ということを、だんだんタイムやだんだん発表を通して、自分なりのいろいろな表現の仕方を行って、伝え合う力も育てることができました。